フラワースタジオSokoh'sのホームページを開設しました。こちらからご覧ください。
http://sokohflower.com/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
ブラックベリー

近所の方からこの地域で採れたブラックベリーをいただきました。
ブラックベリーを見ると、オーストラリアで過ごした小学生時代を思い出します。家族で森へ乗馬にいくとまわりにはたくさんのブラックベリーがなっていました。すっぱいベリーは子供の頃の味です。

それはさておき、このブラックベリーは本当にすっぱい。とてもそのままでは食べれないので、ジャムを作りました。ブラックベリー ジャムブラックベリーの重量の半分の砂糖とレモンの絞り汁をかけて数時間冷蔵庫で寝かせます。あとは弱火で30分くらい煮詰めるだけ・・・でも、やっぱり、種が多い! 少し種があった方がかわいいとも思ったのですが、やっぱり舌触りが悪いので味噌こしでこしました。少しゆるめに作ったので、アイスやヨーグルトに馴染みます。あと、水やサイダーに入れて冷やして飲むとアセロラドリンクみたいで、夏にぴったりな飲み物になります!


スポンサーサイト
2009.07.31(09:16)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
あじさいのリース

以前に紹介した紫陽花がドライフラワーになりました。折角なので、リースを作る事にしました。
ドライフラワーは時間が経つと色が抜けたりするので、私としては数週間、楽しめればいいな?と思っています。(売っているドライフラワーは色づけしているので色が抜けることはありません!)発砲スチロールでできたベースも手芸店で売っています・・・「でも買うほどでもないな・・・」と自分で作る事にしました。 買ったら650円。

IMG_3958.jpg針金で円をつくって、それに緩衝材のプチプチをぐるぐる巻いて、その上に形を整えながら新聞紙をさらに巻いていきます。その際、使用するのはセロテープのみ。あっという間に、ベースが完成!最後に花の間から新聞が見えないように布を巻いておきます。ホットグルーでドライになった紫陽花を隙間なくペタペタと張っていきます。

あじさいのリースプチプチとドライフラワーで出来ているので、とても軽い!糸でかけるところをつけたけれど、それでは不安定なので、両面テープでマンションのドアにペタッ。軽いから簡単に止まります。

色々なリースがありますが、私はこのような一種類で作ったリースも洗練されていて好きです。色がある間、楽しみたいと思います。


2009.07.29(09:09)|アレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ひまわり アレンジ

ダイニングテーブルに置くアレンジメントは横から見て、きれいに見えるようにしますが、ソファーテーブルや低い位置に置く花は上から見ることが多いので平たくアレンジするのも、素敵です。

ひまわり アレンジ花材は何でもいいですが、面を持つ花、ガーベラとかひまわりとか使うとその花の特製が活かせると思います。

ひまわりを使って作ってみました。色々な緑を入れる事によって花が平たくても全体としてこんもりとします。ひまわりとの組み合わせで赤い実のヒペリカムと緑がよく使われていますが、ちょっと古臭い・・・黄色と緑だけの方が爽やかなかんじですね♪ ちなみに今回の器は白のサラダボールです。


2009.07.27(23:20)|アレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
奥多摩 貯水池

梅雨明けしたのにここのところ雨が続いていたので、週末は家で過ごす事を覚悟していました。ところが、朝起きるとピーカン!「これは家にいるのは勿体無い!」ということで、急遽、奥多摩へウォーキングに行ってきました。

CIMG0489.jpg青梅線の終点が奥多摩ですが、その手前の「古里」というところで降ります。渓流沿いや貯水池を通りながら、奥多摩の駅まで歩くコースがあります。3時間ちょっとのいい運動です。渓流の音って聞いているだけで、癒されます。暑い日だったので、水が気持ちよかった!
今度は車で近くまできて、河原でのんびりするのもいいかも(^^)

それにしても、この貯水池の色は幻想的ですね。翡翠色・・・
・・・・一応、ここも東京都です(笑)

2009.07.26(23:17)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
鎌倉 明月院

作品を作る時、ごちゃごちゃ色々なものを突っ込むと全然、美しくなかったりします。
大抵、シンプルな方が洗練して見えるものです。

友人と話していたのですが、20代のころは、「バックがほしい、あれをやりたい、あそこへ行きたい」とWant, Want・・・でも30才が近くなると「これって必要?!」と取捨選択が始まっていく・・・と。年と共に本当に大切なものが見えてきて、人として、洗練されていくような気がします。

坂村真民 円覚寺先日、鎌倉の円覚寺にこんな言葉が飾れていました。仏教と華道はやっぱりどこかで通じているんですね。
「何が一番いいか。身軽なのが一番いい。夏の風のようにさらさらと」(坂村真民全集より)

*写真?鎌倉明月院庭園


2009.07.24(23:12)|華道コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
蓮

蓮

横浜郊外に亡き祖母の部屋があります。海に面しているのでとても気持ちがいい。のんびりしたい時や鎌倉にいく時などに利用します。この週末もこちらの家に滞在しました。

現在、鎌倉の鶴岡八幡宮の池一面、蓮が咲いていて本当にきれいです。蓮は仏教の世界では、極楽浄土の象徴の花。本当に極楽にいる気分。なぜだか囲まれているとほっとします。

・・・一方で、蓮はいけばなをする身としては、扱いが難しいとされる花材。水を多く必要とし、水が下がるとあっという間に葉っぱが丸まってしまいます。

水を注入するには特殊水鉄砲を使います。蓮の葉を逆さに持ち、切り口を上に向け、水を入れます・・・がそうすると真ん中から水が吹き出てきてしまいます!なので、葉の真ん中を指で押さえてから注水します。そうすると、葉脈に水が入って先から水滴がぽたぽたと落ちてくるんです。水の代わりに煙草をつけた水、渋柿、番茶を入れると花持ちが良くなります。 (煙草は葉が茶色になる可能性があるのでご注意を!)

蓮綺麗な写真がないのが残念ですが、お寺などにいける時の生け方が一般的と言われています。草月流では基本的に立葉3枚、蕾2本、巻葉は花の数と同じだけの2枚。ちなみに立葉の1枚は必ず、根じめとして、正面に直角に立てなくてはいけないという決まりがあります。もちろん、自由に生けてもいいんですけどね。しかも4?5時間で水は下がります。はかないね。

蓮の生け方は教養として知っておきたいけど、今回、一面の蓮池を目の前にして、やっぱり、生息している姿一番素敵と思いました。


2009.07.21(23:11)|その他コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
しおれたバラ

バラのコサージュは一日使用するとしんなり・・・そうでなくても、急に水揚げが悪くなってしんなりすることがあると思います。

使用したコサージュ寿命や枯れてしまったバラはどうすることもできないけど、水が切れた場合は何とかなる。逆さにして、溜めた水に入れて、涼しいところか、冷蔵庫に入れて一晩。これはオランダ式の荒療法なのかもしれませんが、バラは復活します!

持ち帰ったコサージュがぐったりしていました。この荒療法をした後、お皿に入れて、数日、バラを楽しむことができました。

2009.07.20(23:02)|その他コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
花育

「食育」をネットで調べてみると「自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組み」という定義がありました。お花でも同じような取り組みができないか・・・という事で「花育」という活動があります。花の仲卸で、働いているTさんが、東大井児童センターで、活動しているというので、お手伝い兼見学をしてきました。

学童センターという所に入る事自体、初めてだったのですが、「子供の放課後の遊び場」で、毎日、色んなイベント、習い事ができます。「花育」はその1つで、月に1回開催されます。1回500円。幼稚園?小学校4年生まで約50人が参加しました。クラスは3回に分かれています。

IMG_4001.jpg今回は、ペットボトルに穴を開け、花止めに針金を入れます。そこにひまわりとハーブを生けます。作成前には、ひまわりについてのレクチャーがあります。一言にひまわりと言っても色々な品種があることを勉強しました。ハーブはにおいを嗅いで、植物には色々な香りがあることを体験します。

IMG_4003.jpg好きな花材を5本ずつ取ることになっています。緑をいっぱい入れる子もいれば、ひまわりばっかりにする子もいます。お稽古ごととして確立するかは、難しいところですが、子供にとって、とてもよい体験学習だと思いました。こういう活動から、「花を美しいと思える心が育つ」と思います。

それにしても、大騒ぎだし、4年生くらいになると生意気だし、パワーがいるわ。Tさんに脱帽です・・・(^^;;
2009.07.16(23:02)|花業界&イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

Sokoh

Author:Sokoh
ヨーロッパでは気軽に花や自然をライフスタイルに取り入れています。日本で花に関わる中で、「もっと気軽に花を楽しんでもいいのでは?」と思うようになりました。・・・その気持ちをブログにしてみました。楽しいフラワーライフのお役にたてれば光栄です♪

カレンダー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
略歴
大学卒業後、外資系金融勤務
ヨーロッパに渡り、オランダの国立園芸単科大学 学位取得(日本人初!)
オランダにて花屋勤務
帰国後、花の消費拡大に関する仕事に携わる
現在、コンサルティング会社勤務
・草月流いけばな1級師範
・国家資格ヨーロピアンアレンジメント・ディプロマ(DFA)取得
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
検索フォーム
Access
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。