フラワースタジオSokoh'sのホームページを開設しました。こちらからご覧ください。
http://sokohflower.com/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
IMG_7905.jpg

日本に帰国すると涼しい・・・私の帰国した日から涼しくなったとのこと。秋晴れの美しい日でした。

急に思い立って行ったオランダ・・・自分の心が赴くままの旅でした。短い滞在だったので、事前にお知らせする人数も控えていたのですが、急な連絡をしようか迷った知人や、その他の知り合いにもバッタリ会ったりしました。小さな街ですから・・・。「いるわけない人がいる!」とお化けでも見たようなアクションは面白かったです

今回の旅で、生活の豊かさや、生活を楽しむ心を再認識しました。楽しむ心、美味しい食事、素敵な人々、和む空間・・・そんなものがあれば、豊かな気持ちになれるはず。どんなに忙しくても、自分にとって大切なものを見失わないようにしたいと思いました。そして、オランダ時代に出会った大切な友人たちや恩師にもつながっている温かさを感じました。私って幸せ☆

花の仕事もどこかの段階でしたいですね?。声をかけてくださる方々、もう少し待ってください。

オランダの花屋も少し見てきたので、また公開しますね。まずは、日本でもできるフラワーライフも紹介していけるようこれからも頑張りますので、今後共、よろしくお願いします。

スポンサーサイト
2010.09.24(21:34)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_7954.jpg

オランダでの最後の2日間、学生時代一緒に住んでいて一番、親しくしていたセルビア人の友人Bちゃんが久しぶりの休みをとって駆けつけてくれました。会っていない1年の間にお互い色々ありました。沈黙でも気にならない友人って貴重ですね?。

現在、オランダの会社のセルビア支社長をしています。労働力の安いセルビアでバラの苗を育て、オランダのブランドのもと、ロシアなどに輸出をしています。もともとオランダ人のCちゃんと3人で一緒に暮らしていていました。IMG_7950.jpg一方は安い労働力の為にケニアに行き、一方で安い労働力としてオランダの会社に雇われている。もちろん学位を持っている彼女の給料は普通のセルビア人の3倍くらい。それでもセルビアの月給は3万円程度。友人としては気持ちが複雑です。

2日間、買い物や美味しいものを楽しみました。最終日は、街中のレストラン街でシーズンになったムール貝を鍋いっぱい食べました。文字通り鍋一杯です。鍋1つで一人前です。白ワインとよく合う?!町の雰囲気も素敵☆
私が恋しく思うのはこういう空気感です。すっかりリラックスしたデンポッシュの夜でした。

2010.09.23(21:02)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_7729.jpg

オランダ人は本当にインテリアが大好き。町の至るところに、インテリアや雑貨ショップが。価格が高いお店もありますが、比較的リーズナブルに購入できます。気軽にインテリアを楽しめます。

今年は、紫?紫ピンク&グレーがトレンドのようです。シックなかんじですね。そして、目に付いたのが、やたらと造花が売られている事です。また、ショーウィンドーにも使われています。去年の年明けに来た時にも少し使われていましたが、今年は、目立つほどに使用されています。しかも、とても出来のよい造花で1本8?12ユーロくらいしています。造花トレンドは時々やってくるとのこと。このトレンドは景気と関係があるのかと思ったけど、そうでもないらしい・・・どうなっていくか見守ることにしましょう!

2010.09.22(09:50)|アレンジコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
_MG_0608M.jpg

私がバイトしていた花屋のオランダ人の友人と夕食をともにしました。
彼女はマスターフローリストの資格を持っています。でも資格を持っているから皆素晴らしいのではなくて、本当に彼女の才能はずば抜けていました。オランダ人の仲間内でも皆「かなわない・・・」と思わず言っていました。

今はフローリストを辞めて、アートを追求したくなって美大に行き直しています。今は飾り用の花瓶つくりがもっぱらの専門。しかもあり得ない素材を使ったグロテスクな作品が多いですね。グロテスク・ブームなんですって。魚の皮や牛の胃袋を使ったりしています(ギョエ!)いろんな国の展示会に作品を出していて、ちょっとずつ雑誌にも取り上げられるようになっています。

新しい作品ができると連絡をくれます。お互いマメではないんだけど、何となくずっと繋がっている友達。彼女と会うと、素材の可能性、すべてのことの可能性は無限大であることを気づかされます。

Mandy Den Elzen作品 http://arteko.nl/projects/mandy-den-elzen/

2010.09.21(23:46)|その他コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_7896.jpg

IMG_7899.jpg最後にSさんのデモ・テーブル。
「オランダを去る友人の為に作るテーブル」というテーブルです。オランダの国旗を意識して、青、赤、白をすっきりと使用したテーブルです。そのテーブルで手作りのアップルパイは頂きました。Sさんのすることには、すべて相手を想う配慮があるんです。今までも、心地がいい時間を過ごさせていただいていましたが、その理由が分かったような気がします。

めんどくさがり屋な私ですが、おもてなしができる女性になりたいですね。少しずつ頑張ります!
結婚してからきちんと食器を買っていなかったのですが、家ができるにあたって食器を少し揃えたいと思っていたし、テーブルクロスなどもきちんと買いたかったので、色々とアドバイスをいただくこともできました。

*Sさんは時々日本でもワークショップをしています。
ご興味のある方はHPをチェックしてみてください
https://sv13.wadax.ne.jp/~cija-biz/seminar/

2010.09.20(23:24)|アレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
学生時代から良くしていただいている日本人のSさん。テーブルコーディネーションと花の先生でもあります。いつもおうちに招待されると本当に素敵におもてなしをして下さる女性です。いつかテーブルの基礎を習いたいと思っていました。現在、2人の小さなお子さんの育児中。そんな忙しい中、1日レッスンを引き受けてくださいました。

テーブルはあくまでも人が主役。お招きする人がいい時間を過ごせるように、相手を思って準備をします。どんな料理にするか、どんなイメージのテーブルにするか、どんな音楽をかけるか… きちんとプランニングをしていきます。どれだけ当日を妄想できるかが勝負(?!)です。

いくつか場面を想定してテーブルを作ってみました。Sさんはテーブルと花をテーマにしていますが、私とのレッスンはテーブルだけにフォーカスしたものです。

「結婚記念日」
IMG_7888.jpg IMG_7887.jpg

「秋の夜」
IMG_7881.jpg IMG_7882.jpg
イメージ作りは花製作の考え方とそっくりです。ただし、「人」が中心だということはアート系が好きな私が忘れがちなポイントです。とても大切なポイント・・・花があって、人生が豊かになるように、人と楽しい空間があって、人生は豊かになるもの。その空間を作ってこそのテーブル・コーディネートです。

2010.09.20(12:14)|アレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
画像 009

大学時代に一緒に暮らしていたオランダ人の友人Cちゃんとライデンで週末を過ごしました。
1年間失業をしていた彼女は1週間前に就職しました。もともと果実が専門なのですが、転職先はケニアでバラを栽培しているオランダの会社です。10月にはケニアに引っ越します。

バラの栽培は今やオランダでしても採算が取れないので、アフリカに渡るオランダ人が多くいます。彼女もGeneral Managerとして活躍することでしょう。「私の人生はケニアで何年も過ごすことになるかも」とあっさりしたものです。航海時代からの血ですかね??

オランダ人の中でもShe is so Dutchと言われる彼女。きっとたくましくケニアで生きていくことでしょう!ケニアに行く前に会えてよかった。でも、なんか意外とすぐまた地球のどこかで会うような気がします(^^;;

*写真は、青空市場の花屋。安いアフリカ産のバラがよく売られています。1束20本=3ユーロ、2束=5ユーロです。小さいサイズとはいえ、40本のバラが600円。気軽に楽しめる金額ですね。

2010.09.19(17:02)|花業界&イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_7861.jpg

オランダではお呼ばれをされたら、花かワインを持っていくことが多いです。
夜にお呼ばれがあったので、レッスンで使った花で、帰る直前にブーケを作りました。大人っぽいボリュームのあるものにしました。ボリュームのあるものが作りたくて。そして、渡す人が大人の女性なので。

普通のブーケを作ると、オランダの花屋で働いていたころを思い出しますね。

2010.09.18(23:29)|アレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

Sokoh

Author:Sokoh
ヨーロッパでは気軽に花や自然をライフスタイルに取り入れています。日本で花に関わる中で、「もっと気軽に花を楽しんでもいいのでは?」と思うようになりました。・・・その気持ちをブログにしてみました。楽しいフラワーライフのお役にたてれば光栄です♪

カレンダー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
略歴
大学卒業後、外資系金融勤務
ヨーロッパに渡り、オランダの国立園芸単科大学 学位取得(日本人初!)
オランダにて花屋勤務
帰国後、花の消費拡大に関する仕事に携わる
現在、コンサルティング会社勤務
・草月流いけばな1級師範
・国家資格ヨーロピアンアレンジメント・ディプロマ(DFA)取得
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
検索フォーム
Access
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。