フラワースタジオSokoh'sのホームページを開設しました。こちらからご覧ください。
http://sokohflower.com/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
IMG_0752R.jpg

IMG_0753.jpg玄関も秋使用に・・・・

紅葉した葉を使ってもいいのですが、今回は、ファーガスという葉を使いました。これは、西洋ブナに 特殊な加工をし、赤や黄色、茶色などの着色をしたものです。だから、人工的なものなんです。水は必要ないとも言われていますが、バラと一緒にアレンジにしたので、水を入れました。すると、着色が水に溶けて、水もオレンジに・・・

そのオレンジが、ライティングされて、ファーガスとオレンジのバラと合わせて、おしゃれなかんじになりました♪

スポンサーサイト
2012.10.30(23:20)|アレンジコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
IMG_1604.jpg

すっかり秋です。以前にアナベルで作ったさわやかな緑のリースは、黄金色のリースになりました。しばらくは、この状態を楽しみました。自然のものは、自然にその季節に似合う状態になってくれます。それに気づけるかどうかは、私たち次第ですね。

2012.10.28(22:22)|アレンジコメント(0)トラックバック(1)TOP↑


IMG_0714R.jpgIMG_0710R.jpg
IMG_0721R.jpgIMG_0729R.jpg

ベルリンには、ついこの間まで同僚だったSさんに会いに行きました。美しいものが好きなSさんは一緒に街を歩いても楽しい♪

ベルリンは歴史、芸術、自然が楽しめる大都市。一日目は歴史の一日とし、ベルリンの壁やその歴史にまつわる色々を見て回りました。きちんと歴史と向き合うところがドイツのすごいところだと思いました。2日目は美術館に行き、コンサートホールでクラシックを堪能し、最終日は、ガールズデートを楽しみました。

ベルリンは、何もかもが、規模が大きかった!共産し主義のなごりか、道も建物も・・・だから、沢山、歩きました。オランダの後に行ったからなおさら、そう感じました。そして、雲がとてもきれいだったのが、印象的でした。

今回の旅で、印象に残ったのは、「空」でした。
オランダもドイツも空が広くて、きれいで・・・。日本の空は狭くて、そして、きれいなのかもしれないけど、見ていなかった自分にも気が付きました。

日本にいても、どこにいても、私は私・・そんな風に思えるようになって帰国しました。時々、空をみて深呼吸をしようと思う。

2012.10.25(22:54)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_0683.jpg

どこの町でも、週に2日は青空マーケットが町の中央広場であり、マルクトと言います。野菜や果物と共に花屋も必ず出店しています。日々の花は、食べ物を買うように購入して帰ります。花が生活の一部なんですね。それにしても、1000円で手一杯の花を買って幸せな気持ちになれるのなら、お財布の紐も緩めたくなりますよね

IMG_0684.jpg

2012.10.25(00:28)|アレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_1666.jpg IMG_1669.jpg

IMG_1686.jpg”De Rozengaard”の生花の花束はいくつか置いてありましたが、とてもシンプルでした。素敵な花屋で花を買う人は、素敵な家に住んでいるファミリーか、お招きで持っていく場合が多いのではないかしら?

青空マーケットでも花は安く買えますが、花材が少し上質だったり、変わった花を使っているので、青空マーケットで購入する花とは、また違った楽しみ方できます。

2012.10.22(23:04)|アレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_1675.jpg

マーストリヒトでいくつか花屋さんをみましたが、私が気に入ったのは、”De Rozengaard”という花屋さん。無駄がなくとてもセンスがいい。真ん中に美しいシャンデリがあり、とても華やか。大きな生けこみがあるけれど、そ れは、実はシルクフラワーです。シルクフラワーとドライフラワーで作ったリースやアレンジメントなどを多く置いていたのが、特徴的でした。

広め店内を飽きさせないように、工夫が見られます。1つの壁際に、生花を固めていました。生花は少な目ですが、生花も、シルクフラワーも、ドライ フラワーのアレンジメントも、花瓶も、置物もすべて、生活を豊かに飾ってくれるものなので、そこには「枠」はないんだな~と思いました。Win-Winの関係のお店づくりですね。

IMG_1684.jpgIMG_1690.jpg
IMG_1683.jpgIMG_1674.jpg


2012.10.22(00:41)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_1711R.jpg

IMG_1714.jpg雨が降ってきたので、雨宿りをしに町の片隅にある古い教会に入りました。以前は、古い空っぽの使われていない教会でした。それが、なんと本屋さ んへ変貌を遂げていました。入った瞬間、驚きとその美しさに言葉を失ってしまいました。

「世界一美しい本屋」と言われている本屋だそうです。いつの間にこんな素敵なものが出来たのですね。13世紀にたてられたゴシック調の教会。それをそのままに、教会をおしゃれな本屋さんにしてしまうとは、その発想がオ ランダ人ならでは。祭壇が小さなカフェになっているの。なんとも斬新な!おいてある本もアートなら、その空間もアートです。

2012.10.16(22:51)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_0691RE.jpg

オランダの空はやっぱり広くて低かった・・・・そんな空がとても懐かしく愛おしくて。久しぶりのオランダにすっかり癒されました。オランダ4日間、ベルリン4日間の短い旅でした。

今回は、私の大学があった町ではなく、以前に両親が駐在していたマーストリヒトへ。ゆっくりと過ごしたくて、夏休みを過ごしたよく知っている町を滞在地に選びました。

IMG_1721 - コピーIMG_1731.jpgIMG_1703.jpg

教会の鐘の音、石畳、大好きなチョコレート屋さん、食べたかったムール貝、美しいお花・・・何も変わらないマーストリヒト。一方で、新しくモールができていたり、使用されていなかった教会が「世界一美しい本屋」に改装されていたり、ゆっくりと変化をとげていました。本当に美しい町です。

IMG_1653.jpgIMG_0696.jpgIMG_1746.jpg


2012.10.15(23:32)|コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

Sokoh

Author:Sokoh
ヨーロッパでは気軽に花や自然をライフスタイルに取り入れています。日本で花に関わる中で、「もっと気軽に花を楽しんでもいいのでは?」と思うようになりました。・・・その気持ちをブログにしてみました。楽しいフラワーライフのお役にたてれば光栄です♪

カレンダー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
略歴
大学卒業後、外資系金融勤務
ヨーロッパに渡り、オランダの国立園芸単科大学 学位取得(日本人初!)
オランダにて花屋勤務
帰国後、花の消費拡大に関する仕事に携わる
現在、コンサルティング会社勤務
・草月流いけばな1級師範
・国家資格ヨーロピアンアレンジメント・ディプロマ(DFA)取得
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
検索フォーム
Access
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。