フラワースタジオSokoh'sのホームページを開設しました。こちらからご覧ください。
http://sokohflower.com/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
IMG_0270.jpgIMG_0296.jpg
IMG_0268.jpgIMG_0298.jpg
友人に誘われて埼玉県にある農家でキムチづくりに参加しました。東京近郊ではありますが、とても大きな農家の軒先での作業・・・普段はハウストマト栽培をされているとのこと。敷地には、自給自足できるだけの野菜、柿の木、銀杏の木、竹林など、なんでもあります。何だか楽しい♪

キムチづくりは初めて。大人数で作った方が楽だということで、13名での作業です。白菜十数個を付けました。大根、ニンジン、セリ、ニラ、柿、リンゴ、アミの塩辛、松の実、ニンニク、ショウガ、唐辛子数種類と多くのものを刻んで入れます。刻むだけでも大変なので、確かに大人数の方がいいですね。それらを混ぜて、白菜に挟んで出来上がり!その日は少し浅漬けを食べましたが、やっぱり塩辛い!1-2週間熟成させるとまろやかになるそうです。

青い空の下での作業にすっかり心が癒されました・・・が現在、我が家の冷蔵庫の野菜室は、キムチに占領され、キムチ臭でいっぱいです

今度はぜひ、タケノコ狩りにいきたいです!!

スポンサーサイト
2012.11.28(22:50)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_0246.jpg

ミスカンサスはアレンジメントにラインを加える時によく使います。ブライダルブーケでは定番なアイテムの一つ。束の斑入りのミスカンサス・・・・そのまま、ガラスの花瓶に入れてライトを当てました。ミスカンサスとその影が美しく絡み合って、何となくアートな空間が生まれました。ただの葉っぱ・・・されど、命を吹き込むこともできます

2012.11.22(08:18)|アレンジコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
IMG_0216.jpg

IMG_0230.jpgドアに何かを付けることに慣れると、何もついていないのはちょっとさみしい・・・。制作時間10分のリースをドアに取り付けました。でも、とても気に入っています。

リースペースに、ドライフラワーになった粟と蓮の実をつけただけのシンプルなものです。これは、夏のアレンジメントを作った時のものです。それが枯れかけた時に、ドライフラワーにしておきました。その作品はこちらをご覧ください。

このブログをずっと見ていると、実は同じものが違う形で何度も登場している事に気づかれると思います。こうやって、私はフラワーライフを満喫しています

2012.11.18(17:30)|アレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_0214.jpg

20101124grassjpeg28k.jpg狐のしっぽのようなほわほわした大きなススキ・・・パンパス・グラスと言います。ススキに比べて、存在感があり、その穂は、光を浴びるとキラキラと光ります。野生の写真、ネットからお借りしてきました。全長が2メートルくらいある大きなものです。

オランダに住んでいたころ、パンパスが美しくなる季節には白夜になります。木々がすっかり枯れて、なかなか明けない朝、あっという間にやってくる夜の中で、場を明るくしてくれました。ほっとした気持ちにしてくれました。それ以来、好きな秋の草花の一つです。冬の庭に植えたいと思ったくらい・・・でも、さすがに東京の庭には大きすぎますね

2012.11.14(00:18)|アレンジコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
Kerry.jpg

「どうしてもブルーのブーケが持ちたいの…」
そんな会話から始まったブーケ制作。ハワイで挙式をされ、日本で2次会をするというイギリス人のお客様です。ブーケのイメージは、私の中ではあっという間に決まりました。ハワイの挙式ということで、白い蘭を入れることにしました。ドレスはロングではなく、膝までのスカートで、本人が最後までこだわった水色の靴を履かれました。

帰国後、写真を共有してくださいました。挙式の一日が本当にすばらしい一日だったことを伝わってきました。写真掲載の許可をいただいたので、シェアしますね。本当に美しい新婦です。彼女の青い目と青いブーケがとても自然にマッチしています。

最近思うのは、ブーケはブーケだけでなく、花嫁&花婿がいて、素敵な会場があって、輝くものだと・・・。幸せな二人のお手伝いをさせていただけて光栄です。お幸せに♪

ブーケ青Kerry2.jpg

2012.11.10(21:02)|ブライダルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_1518.jpgIMG_1555.jpg
IMG_1577.jpgIMG_1541.jpg

ブライダルのオーダーも受けていましたが、紹介していませんでしたね・・・ということで、ご紹介。

和装で挙式も披露宴も行うというお客様。でも、やっぱり・・・と二次会にドレスを着ることにしました。その時に付ける小物をお手伝いさせていただきました。二次会だけなので、ブーケはなしで、最初はブートニアとヘアーコサージュのご依頼でした。でも手が空っぽなのはさみしい・・二次会をダンスパーティーにしたいとおっしゃっていたので、リストレットを提案させていただきました。新郎と新婦が手を取って踊る時に、手首にコサージュが付いていたらかわいいですもの。

オレンジ、黄色系というお話だったのですが、新郎にはオレンジの方が似合いそうだったので、オレンジ系に。また、夜のパーティーで大人っぽいドレスを選ばれていたので、そのドレスに合うように大人の色合いにしました。
お幸せに!

2012.11.08(00:40)|アレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_0763.jpgIMG_0777.jpg

今回のワークショップはいつもとちょっと趣向を変えてワインの勉強会とコラボをしてみました。

そこで、テーマは「ワインボトルのデコレーション」にしました。お呼ばれで、ワインを持っていく時にちょっとしたことだけれど、喜ばれるアイテム。色々なデコレーションの仕方がありますが、今回はコサージュを作ってそれをワインボトルに付けることにしました。そろそろ、ワイヤーの使い方のレッスンをしたかったので、コサージュはベーシックを学ぶにはちょうどいい!

1つは、バラを使ったシンプルなコサージュ。もう一つは、自由制作にしました。色々なコサージュができました。写真の赤ワイン用は私が作ったシンプルなものですが、白ワイン用は生徒さんが作ったもの。ラベルとよく合っています!

IMG_0784.jpgその後、庭に出て、ワインの勉強をしている友人によるワイン教室。厳選した3本のワインで飲み比べ・・・どんな料理にはどんなワインが合うかということを中心に楽しみ方のポイントを伝授してくれました。普段はワインは一本ずつ開けますが、飲み比べるとその違いがよく分かります。自分が嗜好も分かりますし、自分の体に合うワインというのも感じることができます。私がヨーロッパから買ってきたチーズや、ドライフルーツを用意しました。

新たな試みでしたが、なかなか面白かったです!花もワインも生活を楽しむということではとても近い関係にあると思いました。



2012.11.05(18:51)|Workshopコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_0754.jpg

秋の玄関に合わせて、リビングも秋使用に・・・ケイトウを合わせました。

ケイトウは、プロの世界では結構、好まれるのですが、一般的に「好き」と言われる花ではないですね。この花の魅力に私が気が付いたのも、オランダで花を勉強するようになってからです。ぱっと見を楽しむ花もありますが、そのパーツを楽しむ花もあると思うんです。ケイトウならば、そのビロードのような質感と色合い・・・そう思って、見るとその美しさを発見できると思います。

2012.11.04(18:50)|アレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

Sokoh

Author:Sokoh
ヨーロッパでは気軽に花や自然をライフスタイルに取り入れています。日本で花に関わる中で、「もっと気軽に花を楽しんでもいいのでは?」と思うようになりました。・・・その気持ちをブログにしてみました。楽しいフラワーライフのお役にたてれば光栄です♪

カレンダー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
略歴
大学卒業後、外資系金融勤務
ヨーロッパに渡り、オランダの国立園芸単科大学 学位取得(日本人初!)
オランダにて花屋勤務
帰国後、花の消費拡大に関する仕事に携わる
現在、コンサルティング会社勤務
・草月流いけばな1級師範
・国家資格ヨーロピアンアレンジメント・ディプロマ(DFA)取得
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
検索フォーム
Access
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。