フラワースタジオSokoh'sのホームページを開設しました。こちらからご覧ください。
http://sokohflower.com/
フラワーライフ研究家の花のある生活スポンサー広告
> ジョサイア・コンドルといけばな> フラワーライフ研究家の花のある生活華道
> ジョサイア・コンドルといけばな
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
IMG_9576.jpg

夏休みが終わって落ち着かない毎日ですが、自由研究は続いています。外国人はいけばなのどんなところに興味を持つのかな?と思って本を探していたら、出会ったのが、「The flowers of Japan and the art of floral arrangement」

この本を書いたのが、あの有名な建築家ジョサイア・コンドルなんです!
ジョサイア・コンドルは明治以後の日本建築界の基礎を築いた日本の近代建築の父のような人。鹿鳴館や岩崎邸など数多くの建物を作りました。私は、アールデコの時代のものが大好きで、彼の建物も好きです。日本庭園が好きだったのは知っていましたが、いけばなにも愛していたとはうれしい限りです。

英語でこれだけ詳しくいけばなについて書いてある本はないんではないかな?
建築家ですから、やはりコンポジションに興味があったようです。遠州流を師事していたので、遠州流の花形が引用されていました。西洋のクラシックなものは左右対称のアレンジが主流ですが、日本のいけばなは左右非対称です。この本はその後の西洋アレンジメントにも影響を与えたそうです。

オランダのアトリエで働いていた時に、オーナーと有名デザイナーの作品集を見ながら、「この作品の何が素晴らしいか?」を議論していました。その時に「すごいデザイナーは左右非対称でもバランスがいいんだよね~」と言っていました。日本のいけばなはオランダのアレンジメントには影響を与えたと言われています。ゴッホも日本の影響を受けたくらいだから、不思議はないですね。

本当は、いけばなの精神について調べたかったんだけど、結果的に比較文化について考えてしました。いけばなってやっぱり世界に誇れるものだし、アレンジメントにも役に立つな~と感じました

2011.08.29(00:28)|華道コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Sokoh

Author:Sokoh
ヨーロッパでは気軽に花や自然をライフスタイルに取り入れています。日本で花に関わる中で、「もっと気軽に花を楽しんでもいいのでは?」と思うようになりました。・・・その気持ちをブログにしてみました。楽しいフラワーライフのお役にたてれば光栄です♪

カレンダー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
略歴
大学卒業後、外資系金融勤務
ヨーロッパに渡り、オランダの国立園芸単科大学 学位取得(日本人初!)
オランダにて花屋勤務
帰国後、花の消費拡大に関する仕事に携わる
現在、コンサルティング会社勤務
・草月流いけばな1級師範
・国家資格ヨーロピアンアレンジメント・ディプロマ(DFA)取得
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
検索フォーム
Access
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。